July 9, 2018 / 10:35 PM / 2 months ago

トルコ、中銀総裁の5年任期を撤廃 独立性懸念でリラ急落

[イスタンブール 9日 ロイター] - トルコ政府は9日、中央銀行の総裁任期を5年間とした規定を撤廃する決定などを行った。同日就任したエルドアン大統領の新体制の下で、中銀の独立性に懸念が深まっている。

 7月9日、トルコ政府は、中央銀行の総裁任期を5年間とした規定を撤廃する決定などを行った。写真はトルコリラ。6月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

政府は官報で、中銀総裁が内閣により指名され、5年の任期後に再任も可能と定めた規定を削除した。

元中銀当局者は、5年の総裁任期は政治家からの独立性を保つ一種の「盾」だったと述べ、規定改正に危機感を示した。

今後の任期や再任プロセスは明らかにされていないが、エルドアン大統領の側近は、新たな改正案は近く公表するとし、総裁はなお5年の任期で指名されるとの考えを示した。

決定を受け、トルコリラTRYTOM=D3は1ドル=4.74リラ超に急落した。前週末の終値は4.5745リラだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below