for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トルコ大統領、中銀金融政策委を刷新 リラが最安値更新

[イスタンブール 14日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は14日、中央銀行金融政策委員会(MPC)の3委員を解任し、新たに2委員を任命した。官報で明らかにした。これを受け、通貨リラは過去最安値を更新した。

解任されたのはSemih TumenとUgur Namik Kucukの両副総裁とAbdullah Yavas委員。新たに任命されたのはタハ・チャクマク副総裁とユスフ・ツナ委員。

リラは1ドル=9.1900リラの過去最安値を付けた。下落率は1%。年初来では金融政策への懸念を背景に約19%値を下げている。

13日夜にはエルドアン氏とカブジェオール中銀総裁が会談したことを大統領府が発表していた。

アナリストらは先月の利下げについて、「金利の敵」と自称するエルドアン大統領による政治介入の証左だと見ている。

カブジェオール総裁は今週、利下げはサプライズではなく、その後のリラ売りとの関係もほとんどないと述べた。

中銀の次回金融政策決定会合は21日に予定されている。

ロイターは先週、関係筋の話として、エルドアン大統領がカブジェオール総裁に対する信頼を失っていると伝えていた。

大統領はここ数年、MPCのメンバーを何度も入れ替えており、この2年半では総裁の首を3回すげ替えている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up