for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トルコ中銀の純外貨準備、02年以来の低水準 リラ防衛で目減り

トルコ中央銀行の24日時点の純外貨準備が86億3000万ドルと前週の121億6000万ドルから減少し、2002年以来の低水準を付けていたことが30日に公表されたデータで分かった。10月15日、アンカラのトルコ中銀前で撮影(2021年 ロイター/Cagla Gurdogan)

[イスタンブール 30日 ロイター] - トルコ中央銀行の24日時点の純外貨準備が86億3000万ドルと前週の121億6000万ドルから減少し、2002年以来の低水準を付けていたことが30日に公表されたデータで分かった。

中銀は通貨リラ相場防衛に向け、今月に入り外国為替市場に対する直接介入を5回実施したと発表。銀行関係筋は規模は合計60億─100億ドルに達したとしている。17日以降は介入実施の発表はないが、銀行関係筋は、準備高が一段と目減りしたことは政府・中銀が一段のリラ防衛を行った可能性があることを示しているとしている。

リラ相場は30日も下落し、一時6%安。過去4営業日の下落率は最大20%。これに先立つ5営業日は約50%上昇していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up