for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トルコの状況「非常に流動的」、格付け変更の可能性も=S&P

 3月25日、格付け会社S&Pグローバル・レーティングの幹部は、トルコの「非常に流動的」な状況をS&Pは注視しており、格付けを調整する可能性もあると述べた。写真はワシントンで撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)

[イスタンブール 25日 ロイター] - 格付け会社S&Pグローバル・レーティングの幹部は25日、トルコの「非常に流動的」な状況をS&Pは注視しており、格付けを調整する可能性もあると述べた。

先週末のトルコ中銀総裁交代を受け、ドル化がさらに進む恐れがあるとした。

S&Pのソブリン格付け担当幹部、マキシム・リブニコフ氏はトルコ中銀総裁の交代について「かなり大きなサプライズ」であり、同国の経常収支を脅かすと指摘。

現地でハードカレンシーの保有高が記録的高水準に達しており、拡大が進めば国際収支などの悪化につながる恐れがあるとし、「国内居住者の行動が大きなリスク」との見方を示した。

その上で「状況は非常に流動的だ」とし、S&Pは「将来の(格付け)変更の可能性を注視している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up