Reuters logo
トルコ中銀が再び金利据え置き、「タイトな政策姿勢断固維持」
2017年10月26日 / 11:26 / 22日後

トルコ中銀が再び金利据え置き、「タイトな政策姿勢断固維持」

[イスタンブール 26日 ロイター] - トルコ中央銀行は26日、主要政策金利を4回連続で据え置いた。据え置きは予想通り。先月のコアインフレ指数が13年ぶり高水準になったことで引き締め圧力が高まっていたが、政策を維持した。

中銀は後期流動性貸出金利を12.25%に据え置き、1週間物のレポ金利も8%に維持。翌日物貸出金利は9.25%に、翌日物借入金利は7.25%にそれぞれ据え置いた。

中銀は声明で「インフレ見通しが大幅に改善し、目標と一致するまで、タイトな金融政策スタンスを断固維持する」と述べた。

トルコ経済の第2・四半期の成長率は5.1%。昨年のクーデター未遂事件以降、低迷していたが、政府による一連の景気刺激策が後押しとなり、その後は持ち直している。9月のコアインフレ率は前年比10.98%と、2004年2月以来の高水準をつけた。

あるエコノミストは、インフレ率が10-11月に12%の水準に再び上昇する可能性は十分あり、中銀は一段の引き締めを迫られるかもしれない、と話した。

中銀の決定を受け、通貨リラTRYTOM=D3は一時下落したものの、その後発表前の水準に値を戻し、1ドル=3.7735リラで推移した。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below