July 24, 2019 / 11:06 AM / a month ago

欧州投資銀、トルコの新規融資を年内凍結へ キプロス沖掘削問題で

 7月24日、欧州連合(EU)の融資機関である欧州投資銀行(EIB)は、トルコ政府に関連する新規の融資を少なくとも年末まで凍結する。キプロス沖でのトルコの石油・ガス掘削活動を、EUの執行機関である欧州委員会が「違法」とみなし、ハイレベル協議の停止などを決定したことを受けた措置としている。2017年撮影(2019年 ロイター/Eric Vidal)

[ロンドン 24日 ロイター] - 欧州連合(EU)の融資機関である欧州投資銀行(EIB)は、トルコ政府に関連する新規の融資を少なくとも年末まで凍結する。キプロス沖でのトルコの石油・ガス掘削活動を、EUの執行機関である欧州委員会が「違法」とみなし、ハイレベル協議の停止などを決定したことを受けた措置としている。

EIBの報道官はロイターに対し「EUの銀行としてEIBは欧州委の勧告に従い、新たな融資の承認申請を年内は控えることになる」と述べた。

EIBは、トルコの最大の貸し手で、ここ3年は年4億─22億ユーロ(4億4600万─24億5000万ドル)融資している。

今のところ、新規融資を凍結しても、民間セクターのプロジェクトには影響しないと予想されている。

EIBの報道官は、トルコでのEIBの融資活動に関する戦略的審査を年内に実施する予定だと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below