April 1, 2019 / 2:40 AM / 22 days ago

トルコ地方選、与党が首都で敗北 景気低迷響き最大都市も劣勢

[アンカラ 1日 ロイター] - トルコで3月31日に投開票された統一地方選は、エルドアン大統領が率いる国政与党の公正発展党(AKP)が首都アンカラの市長選で敗北に追い込まれたほか、最大都市イスタンブールの市長選でも劣勢となった。

 3月31日、トルコで投開票された統一地方選は、エルドアン大統領が率いる国政与党の公正発展党(AKP)が首都アンカラの市長ポストを明け渡した。写真はアンカラで4月撮影(2019年 ロイター/Umit Bektas)

開票作業が進む中、トルコリラは対ドルTRYTOM=D3 TRY=で当初下落していたものの、その後は値上がりに転じた。直近では1.4%高の5.48リラ。「AKPにはもっと悪い結果になってもおかしくなかったとの見方から買い戻しが入った。自由な市場を尊重するとのエルドアン大統領発言も材料になった」(ウニクレディト)という。株価.XU100も値上がりした。

トルコメディアによると、アンカラ市長選では野党・共和人民党(CHP)の候補がAKPの候補に圧勝した。AKPがアンカラで市長ポストを失うのは2001年の結党以来始めて。またイスタンブール市長選でもCHPの候補がAKPの候補に約2万5000票の差をつけてリードしている。

CHPのクルチダルオール党首は「国民は民主主義を選んだ」と述べ、同党の候補がアンカラとイスタンブールの市長ポストをAKPから奪取し、第3の都市イズミールでも市長ポストを守ったと宣言した。

国営アナトリア通信によると、全国の投票率は84.52%と非常に高かった。

AKPが2大都市で敗北すれば25年ぶりとなる。エルドアン大統領は今回の選挙を「トルコの存続にかかわる」として2カ月にわたり精力的に選挙運動を展開したが、景気低迷がAKPに逆風となった。エルドアン大統領にとってアンカラでのAKPの敗北は大きな痛手であり、自身が1990年代に市長を務めたイスタンブールでも敗れれば、より広範囲での支持後退が浮き彫りになる。

エルドアン大統領はアンカラで支持者を前に行った演説で、イスタンブール市長選での党の敗北を認めたと受け取れる発言をする一方、同市の大半の地区はAKPが維持したとも強調。「市民は市長のポストを明け渡したとしても、地区に関してはAKPに託した」と述べた。また、必要であれば開票結果に異議を申し立てるとの考えを示した。

大統領は記者団に対し、今後は2023年の国政選挙に向けて経済改革に注力すると表明。「自由市場経済のルールに関して妥協することなく経済改革を実行する長い期間がこの先ある」と述べた。

トルコでは昨年の通貨危機でリラが30%下落し、景気が悪化。インフレ率が20%近くに達し、失業率も上昇する中、有権者の間で不満が高まっている。

著名ジャーナリストのルーセン・チャキール氏はツイッターで今回の選挙について、エルドアン氏がイスタンブール市長に当選した1994年の選挙以来の歴史的な結果だと投稿。「25年前に開かれたページがめくられようとしている」と評した。

政治リスクアドバイザー「テネオ」の共同プレジデント、ウォルファンゴ・ピッコリ氏は、イスタンブールを除いた場合でもAKPは主要12都市のうち7都市で敗北したと指摘し、「AKPは全ての主要経済拠点で非常に悪い結果となった。親ビジネスと自称する党にとっては大きな問題だ」と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below