April 2, 2019 / 9:33 PM / 19 days ago

トルコ与党が開票結果に異議申し立て、首都と最大都市の市長選

 4月2日、トルコのエルドアン大統領が率いる国政与党の公正発展党(AKP)は、統一地方選のうち最大都市イスタンブールの全39地区において開票結果に異議を申し立てたと発表した。写真はAKPの選挙看板。1日撮影(2019年 ロイター/HUSEYIN ALDEMIR)

[イスタンブール 2日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領が率いる国政与党の公正発展党(AKP)は2日、前日に投票結果が出た統一地方選のうち最大都市イスタンブールの全39地区において開票結果に異議を申し立てたと発表した。

イスタンブール市長選では最大野党・共和人民党(CHP)のイマモール候補と元首相であるAKPのユルドゥルム候補が争ったが、両陣営は1日、イマモール氏が約2万3000票差でリードしているとの見解を示した。イスタンブールの人口は推計で1500万人。

AKPは開票に不正行為があったと主張し、「地区の選挙管理委員会に全ての不服申し立てを提出した」と明らかにした。

イマモール氏は2日、「ユルドゥルム氏について残念に思う。この国の大臣や議会議長、首相を務めた人だ」と述べ、「祝福する以上に高貴な行為はない」とした。

首都アンカラの市長選ではCHPのヤワシュ候補がAKPのオズハセキ候補に4%ポイント近くリードして勝利したが、AKPはアンカラでも異議を申し立てた。

イスタンブールとアンカラでのAKPの敗北はエルドアン大統領にとって大きな痛手。景気後退に対処する計画の遂行が難しくなる可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below