May 6, 2019 / 9:04 PM / 6 months ago

イスタンブール市長選のやり直し決定、トルコリラ大幅安

[アンカラ/イスタンブール 6日 ロイター] - トルコの最高選挙管理委員会(YSK)は6日、3月に実施された最大都市イスタンブールの市長選結果を無効とし、6月23日にやり直し選挙を実施すると発表した。これを受けてトルコリラは急落した。

 5月6日、トルコの最高選挙管理委員会は、3月に実施された最大都市イスタンブールの市長選結果を無効とし、6月23日にやり直し選挙を実施すると発表した。これを受けてトルコリラは急落した。写真は与党候補の選挙看板。4月撮影(2019年 ロイター/HUSEYIN ALDEMIR)

同市長選は、最大野党・共和人民党(CHP)のイマモール候補がエルドアン大統領率いる与党・公正発展党(AKP)候補のユルドゥルム元首相に僅差で勝利。その後、AKPが異議を申し立て、再選挙を求めていた。

この日の決定に対し、CHP側は「明らかな独裁政治だ」と強く非難している。

決定を受け、トルコリラTRYTOM=D3は下落。1730GMT(日本時間7日午前2時30分)時点で1ドル=6.1075リラに沈み、1日の下落率としては1カ月超ぶりの大きさとなった。

リラは3月の選挙の前週からは10%超下落した。選管の判断を巡る不透明感が漂う中、やり直し選挙となった場合は資金や関心が経済改革ではなく選挙活動に注がれるとの懸念が広がっていた。

ブルー・ベイ・アセット・マネジメントのティモシー・アッシュ氏は、今回の決定について「トルコの民主主義への見方を傷つけるもので、7月にかけてのマクロ的金融安定性へのリスクを踏まえると、トルコ経済は脆弱さが続くだろう」と指摘した。

YSKの独立性に疑念が生じる中、CHPやその支持者が再選挙にどのように対応するかは不透明だ。

CHP議員は地元テレビで、AKPがYSKのメンバーに対し、再選挙に反対票を投じれば投獄すると脅しをかけたと主張した。

票の再集計を経て4月に市長に就任したイマモール氏は、AKPの圧力で選挙結果を無効にしたとしてYSKを非難。数百人の支持者を前に「YSKは恥を知るべきだ。彼らは最初から政治の圧力下にあった」と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below