June 23, 2019 / 10:28 PM / 25 days ago

イスタンブール市長選、野党の勝利確実 エルドアン大統領に痛手

[イスタンブール 23日 ロイター] - トルコの最大都市イスタンブールで23日に投開票されたやり直し市長選挙は、野党・共和人民党(CHP)候補の勝利が確実となった。エルドアン大統領の与党・公正発展党(AKP)には大きな痛手となる。

地元メディアによると、開票率99%超の時点で野党・共和人民党(CHP)のイマモール候補が得票率54%と、AKP候補のユルドゥルム元首相(45%)を大きくリードしている。

イスタンブール市長選は当初3月31日に実施され、イマモール氏が僅差で勝利したが、AKPが異議を申し立て、最高選挙管理委員会がやり直し選挙を認めた。

やり直し選挙は、独裁色を強めるエルドアン大統領に市民が歯止めを掛けることができるかを占う試金石とみられていた。

イマモール氏は支持者を前に「1600万人のイスタンブール市民は民主主義に対するわれわれの信頼を取り戻し、公正への信頼を新たにした」と述べた。

AKPのユルドゥルム氏はイマモール氏を祝福し、成功を願うと表明。エルドアン大統領もツイッターでイマモール氏を祝福した。

地元メディアによると、両候補の得票差は80万票と、3月選挙時の約1万3000票を大幅に上回っている。

イスタンブール市長選での2度の敗北はエルドアン大統領にとって大きな痛手となり、求心力の低下につながる恐れがある。

アナリストは、今回の敗北がエルドアン政権の内閣改造や外交政策の修正につながる可能性もあると指摘する。また、2023年に予定される大統領選が前倒しされる可能性もある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below