April 10, 2019 / 8:14 AM / 12 days ago

イスタンブール市長選は無効とすべき─トルコ大統領=新聞

 4月10日、トルコのエルドアン大統領(写真)は、先月末に行われた統一地方選のイスタンブール市長選について、投票箱担当者の指名などで不正があり、投票を無効とすべきだと述べた。モスクワで8日撮影(2019年 ロイター)

[イスタンブール 10日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は、先月末に行われた統一地方選のイスタンブール市長選について、投票箱担当者の指名などで不正があり、投票を無効とすべきだと述べた。政権に近いサバハ紙が10日報じた。

同市長選の当初の開票結果では、最大野党・共和人民党(CHP)のイマモール候補が、大統領が率いる国政与党・公正発展党(AKP)が擁立したユルドゥルム元首相に僅差で勝利したことが示された。

エルドアン大統領は、モスクワから帰国する機内で記者団に対し、公務員を投票箱担当者とする規定が一部で守られていなかったと主張。「この点は私の同僚が立証している。当然、これは疑惑を生む。真剣に考えれば、無効となるはずだ」と述べた。

選挙を無効とするかどうかの決定は、最高選挙管理委員会が下す。

最高選挙管理委員会は、AKPが求めていたイスタンブール市長選の全選挙区での再集計を却下した。AKP幹部は9日、新たな選挙実施を求める方針を示した。

エルドアン大統領は8日、イスタンブール市長選で「組織的な犯罪」があったと主張し、市長選をやり直す可能性を示唆していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below