August 14, 2017 / 6:56 AM / 2 years ago

トルコの対独関係、独議会選挙後に改善へ=エルドアン大統領

 8月12日、トルコのエルドアン大統領は、欧州との緊張は欧州域内の政治要因が原因とし、ドイツとの関係は9月24日の独議会選挙後に改善するとの見通しを示した。写真は4日、イスタンブールで演説する同大統領(2017年 ロイター/Murad Sezer)

[イスタンブール 12日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は12日、欧州との緊張は欧州域内の政治要因が原因とし、ドイツとの関係は9月24日の独議会選挙後に改善するとの見通しを示した。

トルコは北大西洋条約機構(NATO)加盟国で、欧州連合(EU)加盟を目指しているが、昨年のクーデター未遂後の取り締まり政策などから欧州との関係が緊張。一部欧州諸国は大規模な取り締まりに警戒感を示している。

エルドアン大統領は西部都市のイスパルタで演説し「欧州からの批判は内政に関連したものだ。フランスもオーストリアもそうしており、われわれはドイツも同じ戦略を取るとみている」と述べた。

その上で「この状況は(独)議会選挙後に改善すると考えている」と語った

演説は、テレビ中継された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below