July 26, 2018 / 1:31 AM / 23 days ago

トルコ裁判所、米国人牧師を自宅謹慎措置に 収監継続決定を撤回

[イスタンブール 25日 ロイター] - トルコの裁判所は、テロリズムやスパイの罪に問われ係争中の米国人アンドリュー・ブランソン牧師について、先週の収監継続決定を撤回し、自宅謹慎措置に変更した。これに伴い、牧師は25日、当局者らに付き添われ、車列を組んで刑務所を出発した。

 7月25日、トルコの裁判所は、テロリズムやスパイの罪に問われ係争中の米国人アンドリュー・ブランソン牧師について、先週の収監継続決定を撤回し、自宅謹慎措置に変更した。写真は釈放され自宅前に到着した同牧師と付き添う当局者たち(2018年 ロイター)

ブランソン牧師は、トルコに20年以上住んでおり、2016年のクーデター未遂事件を起こしたグループや反政府武装組織のクルド労働者党(PKK)を支援した罪で起訴された。16年10月に拘束され、21カ月にわたり収監されていた。これにより、牧師の釈放を求めていた米国とトルコの間で摩擦が悪化、匿名筋は両国の当局者がこの問題で協議していたと述べた。

国営アナドル通信は、裁判所はこの案件を再検討し、牧師は事実上司法的統制下におかれることから、健康上の理由により自宅移送が可能と決定したと報じた。

牧師の担当弁護士は、自宅に戻っても、牧師は足首に監視装置を装着することが義務付けられ、出国を禁止されると説明した。

牧師は25日、ペンス米副大統領と電話で話し、トランプ大統領と側近に謝意を伝えた。

牧師は無罪を主張しているが、有罪判決が出た場合、最長35年の禁固刑が科される可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below