April 10, 2019 / 9:54 AM / 2 months ago

ロシア製ミサイルの納入、前倒しの可能性も─トルコ大統領=現地紙

 4月10日、トルコのエルドアン大統領は、ロシア製地対空ミサイルシステム「S400」(写真)の納入が7月から前倒しされる可能性があると述べた。カリーニングラードで3月撮影(2019年 ロイター/Vitaly Nevar)

[イスタンブール 10日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は、ロシア製地対空ミサイルシステム「S400」の納入が7月から前倒しされる可能性があると述べた。

サバハ紙が10日報じた。

S400は北大西洋条約機構(NATO)の基準に合わず、米政府はトルコがS400を購入すれば、米ロッキード・マーティン(LMT.N)が開発する戦闘機F35にセキュリティー上の問題が生じると主張している。トルコはF35の生産に参加している。

エルドアン大統領はロシアから帰国する機内で記者団に「(S400の購入を断念するよう求められているが)これは決定事項だと答えている。S400の納入は7月になる。おそらく前倒しされる可能性もある」と述べた。

米上院の外交委員会と軍事委員会の両トップは9日付の米紙の意見欄で、トルコがS400を購入する計画を推進した場合、厳しい制裁を科される可能性があると警告し、立法府としてさらなる措置を取る構えを示した。[nL3N21S0CT]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below