April 16, 2019 / 9:06 AM / 4 days ago

トルコ財務相、ロシア製ミサイル購入巡り米大統領と協議=報道

[イスタンブール 16日 ロイター] - トルコのアルバイラク財務相は15日、トランプ米大統領と会談し、トルコがロシアの防空ミサイルシステムを購入する計画について、トランプ大統領が「理にかなった」姿勢を示したと述べた。トルコのメディアが伝えた。

トルコ政府の「S400」システム購入計画は北大西洋条約機構(NATO)同盟国の間の緊張を高めており、米国は、トルコがこの問題で制裁に直面する可能性があるとしている。トルコの国防相は15日、対話を通じて問題を解決するよう求めた。

アルバイラク財務相は、ムニューシン米財務長官と、トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問と15日に会談したと明らかにした。アルバイラク氏はトルコのエルドアン大統領の娘婿。

アルバイラク氏は16日にツイッターに「協力強化に向けて協議した会談では、トランプ米大統領に迎えられ、われわれの大統領のメッセージを伝えた」と投稿した。

CNNトルコによると、アルバイラク氏は記者団に対し、トランプ大統領が非常に理にかなった姿勢で耳を傾け、「S400」に関するプロセスに前向きな理解を示したと述べた。「協議は非常に前向きで建設的だった」と語ったという。

また報道によると、アルバイラク氏は、米国とトルコの二国間貿易を現在の年間200億ドルから750億ドルに拡大することについても協議が行われたと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below