July 1, 2019 / 12:51 AM / 21 days ago

トルコ、ロシア製ミサイルの最初の納入は10日以内=大統領

 7月1日、トルコのエルドアン大統領は、同国が購入を決めたロシア製の地対空ミサイルシステム「S400」について、最初の納入は10日以内になるとの見通しを示した。写真は「S400」。モスクワで4月に撮影(2019年 ロイター/TATYANA MAKEYEVA)

[アンカラ 1日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は、同国が購入を決めたロシア製の地対空ミサイルシステム「S400」について、最初の納入は10日以内になるとの見通しを示した。トルコの放送局NTVが30日報じた。

エルドアン大統領は29日、同システムの導入を巡り、米国からの制裁を回避できるとの見解を示していた。

トルコは米国が主導するF35の開発・生産に加わっており、米国はS400がF35に脅威をもたらすとしてトルコの購入に反対している。S400の購入計画を巡り、米国はこれまでに制裁を科す方針を表明しているが、エルドアン大統領は29日、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の合間に会談したトランプ米大統領から制裁はないと直接聞いたと語った。

NTVによると、エルドアン大統領はG20後、記者団に対し、S400を巡る対立は「問題なく」克服されるとの見解を示した。

また、米国の対イラン制裁違反を巡り、米国の制裁に直面する国有銀行ハルクバンクの問題について、近く解決されることを期待すると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below