December 3, 2019 / 12:01 AM / 6 days ago

米与野党上院議員がトランプ政権にトルコ向け制裁発動要求

[ワシントン 2日 ロイター] - トルコがロシア製地対空ミサイルを導入した問題を巡り、米与野党上院議員2人が2日、トランプ政権にトルコへの制裁発動を要求する書簡を送った。

書簡はポンペオ国務長官宛てで、ロイターが内容を確認したところでは、共和党のリンゼー・グラム議員と民主党のクリス・バンホーレン議員が「忍耐の時期はとっくに過ぎている。今や法(制裁)を適用する局面だ。何もしないと米国の法に違反しても何の代償も支払わずに済むという非常にまずいメッセージを他国に発信してしまう」と記していた。

米国は、北大西洋条約機構(NATO)加盟国であるトルコがロシア製地対空ミサイルS400を購入するのはNATOの防衛態勢に相反する行為で、米国の最新鋭ステルス戦闘機F35の脅威になりかねないと主張。制裁をちらつかせてトルコを思いとどまらせようとしてきた。ただトルコは全く意に介せず、7月にS400の第1弾を搬入した。

もっともトランプ大統領は2017年、ロシア軍と取引する国に制裁を科すことができる権限を得る法律に署名したにもかかわらず、今のところ政権は制裁発動を控えている。

米議会では、トルコがシリアに侵攻してクルド人部隊を攻撃したことから、同国に対する反発が一段と強まった。クルド人部隊はイスラム国掃討作戦で米軍を支援したことが背景。

特にグラム氏とバンホーレン氏は、トルコへの制裁を最も声高に提唱する上院議員のグループに属している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below