June 19, 2018 / 2:47 AM / 3 months ago

オーストラリアでW杯放映に障害、首相が解決に乗り出す

[シドニー 18日 ロイター] - オーストラリアのターンブル首相は18日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会のストリーミングで3日続けて障害が発生している問題を受け、国内のサッカーファンに代わって事態の収拾に乗り出した。

 6月18日、オーストラリアのターンブル首相は、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会のストリーミングで3日続けて障害が発生している問題を受け、国内のサッカーファンに代わって事態の収拾に乗り出した。写真は4月ドイツで撮影(2018年 ロイター/Fabrizio Bensch)

首相はツイッターで、オーストラリアで全試合の独占放映権を認められているオプタス(シンガポール・テレコミュニケーションズ傘下)のアレン・リュー最高経営責任者(CEO)と話し合ったと説明。「(リュー氏は)W杯ストリーミング問題に個人的に注目しており、今夜にも解決すると信じていると請合った」と述べた。

障害は、17日のコスタリカ・セルビア戦で発生、開幕の夜にも問題が起きている。リュー氏は、苦情の殺到を受けて謝罪した。

一方、公共放送局SBSも、オーストラリアチームの全試合と一部の試合を中継している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below