for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ツイッター、大中華圏幹部が就任8カ月で退社

 1月3日、米短文投稿サイト運営大手ツイッターのグレーターチャイナ(大中華圏)を統括するキャシー・チェン氏が退社することが明らかになった。自身のツイッターへの投稿で明らかになった。写真はニューヨークで昨年9月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク/北京 3日 ロイター] - 米短文投稿サイト運営大手ツイッターTWTR.Nのグレーターチャイナ(大中華圏)を統括するキャシー・チェン氏が退社することが明らかになった。自身のツイッターへの投稿で明らかになった。チャン氏は8カ月前に就任したばかり。

ツイッターは中国で2009年以降はブロックされているため使用できないが、仮想プライベートネットワーク(VPN)を通じて利用されている。

中国国内では新浪微博(シナ・ウェイボー)のマイクロブログプラットフォームや騰訊控股(テンセント)0700.HKのメッセージアプリ「ウィーチャット」が広く利用されている。ただ新華社など中国企業はツィッターを利用しで国外への情報発信を行っている。

チェン氏は「ツイッターのAPAC(アジア太平洋)チームが今や中国の広告主と直接協力しているので、私が退社するにふさわしい時期だ」と書き込んだ。同氏はまたツイッターはこの2年間で大中華圏の広告主を400%近く伸ばし、アジア太平洋地域において売上高が最も急成長を遂げる市場の1つになったと説明した。

チェン氏はまた、ツイッターは引き続き中国市場に全力で取り組むとともに、香港事務所は閉鎖しないと付け加えた。

マイクロソフトやシスコで勤務経験のあるチェン氏は、多くの中国広告企業をツィッターへ引き入れるために起用されたが、中国の国営関連企業と関係したことがソーシャルメディアで批判されていた。

*見出しを修正して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up