for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ツイッターへの広告停止相次ぐ、児童ポルノ関連投稿と並列表示で

 マツダや英家電大手ダイソン、米誌フォーブスなど世界の主要企業数社が相次いで、米ツイッターへの広告出稿を一部停止している。写真はツイッターのロゴとアプリ。8日撮影(2022年 ロイター/Florence Lo)

[28日 ロイター] - マツダや英家電大手ダイソン、米誌フォーブスなど世界の主要企業数社が相次いで、米ツイッターへの広告出稿を一部停止している。各社がロイターに明らかにした。ツイッター上で各社の広告が、児童ポルノへ誘導する投稿と並んで表示されたため。

サイバーセキュリティーの向上に取り組むグループ「ゴーストデータ」はこのほど、児童への性的虐待に関する調査報告をまとめた。そこで特定された、児童ポルノに誘導するリンクが張られた複数のツイッターアカウントをロイターが調べたところ、米ウォルト・ディズニー、米NBCユニバーサル、米コカ・コーラから児童病院に至るまで、30を超える広告主の広告が、これらアカウントのプロフィルページに表示された。

一例では、米国の靴ブランド、コールハーンの広告ツイートが、児童ポルノのコンテンツ売買に関するとされるツイートの次に表示された。

コールハーンのブランドプレジデント、デービッド・マドックス氏はロイターに対し「ぞっとする。ツイッターがこの状況を直すか、われわれがどんな手段を使ってでも是正するかだ。ツイッターから広告枠を買わないことも含まれる」と批判。マツダの米国法人は「ネット上にこの種のコンテンツの居場所はない」とコメント。ツイッターのプロフィルページへの自社広告表示を禁じたとしている。

米ツイッターの広報担当のセレステ・カーズウェル氏は声明で、同社が「児童の性的搾取を一切許容しない」と強調。広告主などと協力して調査を行い、再発防止策を講じていると説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up