June 27, 2019 / 6:10 PM / 20 days ago

米ツイッター、政治家などによる規約違反のツイートに警告表示へ

[ワシントン/サンフランシスコ 27日 ロイター] - 米ツイッター(TWTR.N)は27日、表現の自由と説明責任の均衡を取ることを目的に、同社の利用規約に違反した政治家などのツイートに警告を表示する方針を発表した。警告で不適切なツイートが隠れる形となり、利用者はリンクをクリックすれば投稿を読むことができる。

 6月27日、米ツイッターは、表現の自由と説明責任の均衡を取ることを目的に、同社の利用規約に違反した政治家などのツイートに警告を表示する方針を発表した。写真はツイッターのロゴ。ニューヨークで2016年9月に撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

ツイッターによると、10万人以上のフォロワーを持つ政治家や政府高官らが今回の措置の対象となる。

ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は「当社のサービス利用規約に違反しているものの公益を考慮して残すことを決めたツイートは、明確な表示を出す」と述べた。

ツイッターはブログで、規約を違反しているツイートであっても、ユーザーによる閲覧を可能にすることが公益に資するケースがあると説明。タイムラインや検索結果表示などで問題投稿に警告を表示し、クリックしなければ読めないようにするとした。

ツイッターに関しては、一般の利用者なら削除されるような内容の投稿を政治家が行っても、十分に対応していないとの批判があった。トランプ米大統領などによる辛らつな言葉を含む投稿を削除するよう求める声も一部にあった。一方、トランプ氏や他の保守派のユーザーは、IT大手はリベラル派びいきだと繰り返し主張してきた。

トランプ大統領はツイッターで6100万人以上のフォロワーがおり、同氏の投稿がメディアに取り上げられることも多い。

ホワイトハウスはツイッターの発表についてコメントを差し控えた。

トランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏は今回の発表について「ツイッターが自由世界の指導者にこのようなことができるなら、皆さんや皆さんの言論に何をしているか想像してみて下さい!」とツイートした。

ツイッターの広報担当者はどのツイートに警告を表示するかの判断は人工知能(AI)ではなく人が行うと説明。規約に違反していると認定されれば、専任チームが公益に資するかどうかを判断するという。

直接的な暴力の脅威や個人への暴力を呼び掛ける内容の投稿は公益に資すると判断される可能性は低いとした。

トランプ氏は26日のテレビインタビューで「ツイッターは人々が私に加わるのを非常に難しくしている。私がメッセージを発することはさらに難しくしている」と述べた。根拠は示さなかった。「ツイッターはやってることが全くひどい」と続けた。

ツイッターはトランプ氏の発言についてコメントを差し控えた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below