for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ツイッター、今度は最高技術責任者が退社

 12月20日、米短文投稿サイト運営大手ツイッターのアダム・メッシンガー最高技術責任者(写真)が退社する意向を明らかにした。写真はニューヨークで2013年10月撮影(2016年 ロイター/Eduardo Munoz)

[20日 ロイター] - 米短文投稿サイト運営大手ツイッターTWTR.Nのアダム・メッシンガー最高技術責任者(CTO)が20日、退社する意向を明らかにした。同社はジャック・ドーシー氏が昨年に正式な最高経営責任者(CEO)として経営に本格復帰して以降、幹部が相次いで退社している。

メッシンガー氏は2011年にツイッターに入社し、13年3月にCTOに就任。同社のエンジニアリング、商品開発、設計を担当してきた。ツイッター入りする前は、ソフトウエア大手オラクルORCL.Nで開発担当のバイスプレジデントを務めていた。

ツイッターでは先月、最高執行責任者(COO)のアダム・ベイン氏が退社。後任のCOOにはアンソニー・ノト最高財務責任者(CFO)が就任している。

ツイッターの商品担当バイスプレジデント、ジョシュ・マクファーランド氏も20日、退社してシリコンバレーのベンチャー企業であるグレイロック・パートナーズに移ると明らかにした。

ツイッターはライバル勢との競争が激化するなか、利用者数が伸び悩んでいる。10月には人員を9%削減する方針を発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up