September 5, 2019 / 2:44 AM / in 14 days

サッカー=ツイッター、人種差別的な投稿への対処を発表

 SNS大手のツイッターは4日、過去2週間にわたる英国のサッカーに関連した人種差別行為など700件以上への対処を行ったと発表。今後も人種差別抑止への対応を続けると約束した。写真は人種差別発言を受けたマンUのポール・ポグバ。英サウサンプトンにて8月撮影(2019年 ロイター)

[4日 ロイター] - ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手のツイッターは4日、過去2週間にわたる英国のサッカーに関連した人種差別行為など700件以上への対処を行ったと発表。今後も人種差別抑止への対応を続けると約束した。

イングランド・プレミアリーグでは、8月19日のウルバーハンプトン戦でPKを失敗したマンチェスター・ユナイテッド(マンU)のポール・ポグバがインターネット上で人種差別発言の的になった。

これを受け、ツイッターはマンUおよび反人種差別団体「キック・イット・アウト」と話し合いの場を設けることを明らかにしていた。

ツイッター英国法人は「私たちのサービスに人種差別のような不快な内容を載せるスペースはない」とコメント。今後も迅速な対応を続け、「受け入れがたい言動の抑制に私たちなりに貢献したい。パートナーや各クラブと連携し、ルールを破るアカウントの愚かな行動からの保護を続けていく」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below