for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスク氏、ツイッターのユーザー認証方法見直しを表明

米ツイッターを買収した実業家イーロン・マスク氏は30日、ユーザー認証の手続きを見直すと投稿した。写真は同社ロゴ、サンフランシスコ、28日撮影(2022年 ロイター/Carlos Barria)

[30日 ロイター] - 米ツイッターを買収した実業家イーロン・マスク氏は30日、ユーザー認証の手続きを見直すと投稿した。詳細は明らかにしていない。

テクノロジーニュースレター「プラットフォーマー」は関係者の話として、アカウントが本物であることを示す青色の「認証済みバッジ」を有料化することをツイッターが検討していると報じた。

認証済みバッジのアカウントを利用するために月額4.99ドルを支払って、既存のサブスクリプション(継続課金制)サービス「ツイッター・ブルー」に登録する必要が生じるとした。登録しなければ認証済みバッジを削除されるケースも出てくると伝えた。

ツイッターは「ツイッター・ブルー」を昨年6月に開始。同社初のサブスクリプションサービスで、ツイート編集などのプレミアム機能が利用可能になるといった特典がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up