Reuters logo
米ツイッター、ライブ動画配信で収入得るシステムを導入
2017年6月21日 / 21:52 / 5ヶ月後

米ツイッター、ライブ動画配信で収入得るシステムを導入

[サンフランシスコ 21日 ロイター] - 短文投稿サイトの米ツイッター(TWTR.N)は21日、ストリーミング・ライブ動画の配信で収入を得ている人向けとなるシステムを、自社のライブ動画アプリ「ペリスコープ」に導入すると発表した。

 6月21日、短文投稿サイトの米ツイッターは、ストリーミング・ライブ動画の配信で収入を得ている人向けとなるシステムを、自社のライブ動画アプリ「ペリスコープ」に導入すると発表した。写真はツイッターのロゴ、2013年9月撮影(2017年 ロイター/Kacper Pempel)

ペリスコープの視聴者は様々なハートの形をした謝礼を事実上の仮想通貨として購入し、好きな出演者に送ることが可能になる。

約175ドル相当の「スーパー・ハート」を受け取った出演者は「スーパー・ブロードキャスター」となり、謝礼を現金化できるという。

まずは米国のみで実施。ただすぐに他国に展開するとしている。

出演者は手数料と支払い処理後の残りの収入のうち70%を受け取る。同サービスにおける予想売上高は明かさなかった。

2015年に開始したペリスコープは、今年の1─3月で7700万時間のユーザー作成型ライブ動画を配信している。視聴者数は公開していない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below