February 25, 2013 / 9:58 AM / 6 years ago

イタリア株・債券が上昇、総選挙で改革派勝利との見方

2月25日、イタリアでは序盤の取引で株式と債券が上昇。投票率の低さを受け、改革派の中道左派が勝利するとの見方が広がっている。写真はローマ市内の投票所で撮影(2013年 ロイター/Yara Nardi)

[ミラノ 25日 ロイター] モンティ政権の後継体制を決める総選挙が行われているイタリアでは25日序盤の取引で株式と債券が上昇している。投票率の低さを受け、改革派の中道左派が勝利するとの見方が広がっている。

世論調査によると、ベルサニ氏率いる中道左派が僅差で勝利する見通し。ただ、既成政党に異議を唱える「五つ星運動」の躍進や、復活を遂げつつあるベルルスコーニ氏率いる中道右派の勢いによって、ベルサニ氏がモンティ氏率いる中道穏健派と連立を組んでも政権を樹立できない可能性が浮上している。

しかし、初日24日の投票率が低かったことで、中道左派が中道右派に勝つ可能性が高まったとの見方が出ている。中道右派は高齢者に幅広い支持基盤を持つ。

ミラノのトレーダーは「投票率が低下したことを踏まえ、中道左派の勝利が予想されている」と語った。

24日は一部の都市が豪雪や悪天候に見舞われ、投票率が55%と前回選挙の62.5%から大幅低下した。

イタリア10年国債先物は大幅上昇し、0820GMT(日本時間午後5時20分)時点で47ティック高。イタリア10年国債と独連邦債の利回りスプレッドは22日終盤の289ベーシスポイント(bp)から281bpに縮小している。

イタリアの主要株価指数.FTMIBは1.1%高。全般的に堅調な欧州株や、オーバーナイトのアジア株高に支援されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below