October 5, 2018 / 4:12 AM / 2 months ago

米国の道路標識に多数のスペルミス、半世紀超放置されるケースも

 10月4日、米国の道路標識に見られるスペルミスは簡単に修正が効かず、中には50年経っても直されていないものがある。写真は2日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米国の道路標識に見られるスペルミスは簡単に修正が効かず、中には50年経っても直されていないものがある。

たとえばニューヨーク市内では、ブルックリンとスタテンアイランドを結ぶ「Verrazzano-Narrows Bridge」への案内標識は、54年間にわたって「z」が一文字抜けたままとなっている。

ニュージャージー州では、海岸に向かう際に地名の「Lavallette」の「l」が一つ抜けていることが分かる。

オハイオ州では、州内第3の都市シンシナティの表示が「Cinicinnati」と、「i」が余分に入っている。

ニューヨーク州のクオモ知事は今週、Verrazzanoを含む100件余りの州内の綴りの修正を許可する法案に署名した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below