September 5, 2014 / 2:42 PM / 5 years ago

ウクライナ政府と親ロシア派が停戦、直後に爆発音も

 9月5日、ウクライナ政府と親ロシア派の停戦が発効した。写真はウクライナのポロシェンコ大統領。ニューポート近郊で4日撮影(2014年 ロイター/Rebecca Naden)

[マリウポリ/ドネツク(ウクライナ) 5日 ロイター] - ウクライナ政府と親ロシア派が、ウクライナ東部で停戦に入ることで合意、5日1500GMT(日本時間6日午前零時)に発効した。両者の衝突は発効前におおむね収まった模様だ。

ただ、発効数分後にはドネツク市北部で爆発音が3回聞かれた。被害規模は分かっていない。

ポロシェンコ大統領は、ウクライナや親ロ派、ロシア、欧州安全保障協力機構(OSCE)の代表らがミンスクで協議、停戦と和平計画で合意したと明らかにした。

停戦条件には、双方が現在の位置にとどまることなども含まれる。

一方、ウクライナ東部の兵士や住民の間で、停戦維持に期待を抱く向きはごく少数派だ。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below