May 12, 2014 / 3:13 AM / 6 years ago

ウクライナ東部の住民投票、正当性欠き認められない=官房長官

 5月12日、菅官房長官は、ウクライナ東部の親ロシア派勢力が行った住民投票について、民主的な正当性を欠くものであり、認められないとの見解を示した。都内で2月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 12日 ロイター] - 菅義偉官房長官は12日午前の会見で、ウクライナ東部の親ロシア派勢力が行った住民投票について、民主的な正当性を欠くものであり、認められないとの見解を示した。

菅官房長官は、今回の住民投票について「事態のさらなる悪化につながりかねない」との懸念を示したうえで、「5月の大統領選挙が平和的、民主的に行われることを期待している」とした。

今回の住民投票については「プーチン大統領もやるべきではないと言っていると思う。わが国としては今回の投票結果は認められない。(今後も)G7それぞれの国と連携しながら、対ロシア政策はしっかり取り組んでいきたい」と述べた。

小学館発行の週刊誌に連載中の漫画「美味しんぼ」で、主人公が東京電力福島第一原子力発電所を訪問した後に鼻血が出たなどとする表現があったことに関連しては「放射線による住民の被ばくと鼻血に関係があるとは考えられないと専門家が評価している。科学的知見に基づいた正確な知識を伝えていきたい」と語った。

石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below