for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ウーバー、自動運転技術部門の売却でオーロラと協議=関係筋

 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは、自動運転技術の開発部門「アドバンスト・テクノロジーズ・グループ(ATG)」を自動運転のシステム開発を手掛けるオーロラに売却するため協議を行っている。資料写真、2月撮影(2020年 ロイター/Callaghan O'Hare)

[13日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは、自動運転技術の開発部門「アドバンスト・テクノロジーズ・グループ(ATG)」を自動運転のシステム開発を手掛けるオーロラに売却するため協議を行っている。関係者がロイターに明らかにした。

関係筋によると、この案件がまとまるかは不明だが、ウーバーはATGをオーロラに売却後、新会社へ出資することも検討している。

ATGにはトヨタ自動車やソフトバンクグループも出資している。今年初めにはソフトバンクを含む企業連合(コンソーシアム)から10億ドルを調達。ATGの評価額は72億5000万ドルだった。

ウーバーとオーロラはコメントを拒否している。

オーロラは、既にサンフランシスコのベイエリアとピッツバーグで車両の走行試験を実施しており、7月にはテキサス州のダラス・フォートワースエリアでも走行試験と開発を行うと明らかにしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up