for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウーバー、ロンドンで営業継続へ、英裁判所が1年半の免許認める

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは28日、英ロンドン市の営業許可回復を求めた裁判で勝訴した。携帯電話のウーバーアプリ、ロンドンで2018年撮影。(2020年 ロイター/Simon Dawson)

[ロンドン 28日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズUBER.Nは28日、英ロンドン市の営業許可回復を求めた裁判で勝訴した。ロンドン市交通当局(TfL)は安全上の懸念から2019年に営業許可を更新しなかったが、裁判ではウーバーが適正な事業者との判断が下された。

ウーバーを巡っては、運転手が必要な資格証明を持っていないことが問題化、ロンドン交通当局は2017年も営業許可を与えなかった。ウーバーはこの時も裁判を起こし、暫定ベースで許可を得ていた。

判事はこの日の判決で、過去に問題があったものの、現在はウーバーがハイヤー事業免許を有するのにふさわしいとし、1年半の営業継続を認めた。

ウーバーの欧州北部・東部地域責任者は判決について、「ウーバーの安全への約束を認めるもので、TfLに共に建設的に取り組んでいく」と述べた。

カーン市長は「TfLがウーバーを緊密に監視し、乗客の安全を守るための厳格な基準を満たしていない場合、迅速に行動を取ることを躊躇しないとロンドン市民に確約する」と述べた。

序盤の米国市場で、ウーバーの株価は約5.7%上昇した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up