for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ウーバー、ロンドンで営業免許再び剥奪 安全面の不備で

 11月25日、英米配車大手ウーバー・テクノロジーズは、安全性やセキュリティ面の不備を理由にロンドン市内の営業免許を剥奪された。写真は2017年9月22日、ロンドンで撮影(2019年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 25日 ロイター] - 英米配車大手ウーバー・テクノロジーズUBER.Nは25日、安全性やセキュリティー面の不備を理由にロンドン市内の営業免許を剥奪された。免許剥奪は2017年に続き2度目となる。

ロンドン運輸局(TfL)によると、ウーバー側のシステム変更により、未承認の運転手が自分の写真を他の運転手のアカウントにアップロードし、予約車の運転手になりすますケースが少なくとも1万4000件あったという。

TfLは「乗客、およびその安全性をリスクにさらす、いくつかの違反行為を含む不備のパターンを特定した」とし「一部の問題には対応しているものの、同様な問題が将来、再発しないという確信は持てない」として営業免許を剥奪したと説明した。

ウーバーは申し立てを行う方針を示した。訴訟を含めた措置が取られるとみられ、解決まで数カ月かかる可能性もある。ウーバーはロンドンで約4万5000人の運転手を抱え、同社で最も重要な市場の一つ。営業免許は25日中に停止される。

コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は「過去2年にわたり、ロンドンでの運営方法を根本的に変革してきた。多くの運転手や乗客のために、これまで長い道のりを歩んできたし、今度も進み続ける」とツイッターに投稿した。

フランクフルト上場のウーバー株UT8.Fは一時3%超下落。米市場の同社株UBER.Nは午前の取引ではほぼ横ばい。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up