for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウーバーとリフト、21日に加州で事業停止へ 運転手巡る司法判断で

[20日 ロイター] - 米配車大手のウーバー・テクノロジーズとリフトは20日、21日午前にカリフォルニア州での配車サービス事業を一時停止する可能性があると発表した。

カリフォルニア州地裁は10日、配車サービスに従事する運転手を個人事業主ではなく従業員として扱うようにする仮処分命令を出した。これを受け、配車大手各社は20日深夜過ぎから運転手を従業員として扱うことを余儀なくされるが、ウーバーとリフトは命令の実施には数カ月かかると指摘。両社は仮処分命令の差し止めに向け控訴裁の介入を求めている。

リフトはこの日、ブログへの投稿で、深夜にカリフォルニア州での事業を停止すると発表。ウーバーもブログで、控訴裁の判断が介入がなければ一時的に停止しなければならないとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up