May 14, 2019 / 9:46 PM / 2 months ago

ウーバー運転手、社員と認定されず 米労働機関が判断

[14日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズ(UBER.N)の運転手について、全米労働関係局(NLRB)は14日、社員ではなく独立の契約者と見なすとの見解を示した。これによりウーバーの運転手は労働組合に加入できなくなる公算がある。

NLRBは、ウーバーの運転手はサービスに使用する自動車を個人的に所有し、自分で勤務時間を決められるほか、ウーバーの競合社のために働くこともできるため、連邦労働法の下でウーバーの社員と見なすことはできないと結論付けた。

ウーバーは「運転手が価値を置いている柔軟な働き方を保全しながら、独立した業務の質と安全性を高めることに注力している」とする声明を発表した。

全国労働関係法(NLRA)の下で、独立の契約者は労働組合に加入できない。

前週10日にニューヨーク証券取引所に上場したウーバーは、この日の取引を前日比7.7%高の39.96ドルで終えた。

*カテゴリを修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below