November 26, 2015 / 9:07 AM / 4 years ago

コラム:シェアリングエコノミー、潜在成長率を高める救世主か

[東京 26日 ロイター] - 政府が「民泊」解禁にかじを切りだし、シェアリングエコノミーへの注目度が急速に高まってきた。宿泊だけでなく、自動車の使用から資金のやり取りをするクラウドファンディングまで、その対象は広範だ。

 11月26日、政府が「民泊」解禁にかじを切りだし、シェアリングエコノミーへの注目度が急速に高まってきた。写真はフランクフルトで昨年9月撮影(2015年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

眠っている資産の活用で、潜在成長率引き上げにつながり、短期的には人手不足対策に直結する。しかし、現行の規制と衝突することが多く、政府は司令塔を作って統一的な規制緩和策を打ち出すべきだ。

<民泊解禁を迫った外国人観光客増>

22日付日本経済新聞朝刊は、厚生労働省と国土交通省が、個人所有の空き部屋を旅行者に宿泊させる「民泊」を来年4月にも全国規模で解禁する方向だと報じた。25日に開かれた政府の規制改革会議のミーティングでは、個人の部屋を旅行者などに貸し出すサービスを世界規模で展開しているAirbnb(エアビーアンドビー)などの声を聴く場を設けた。

今年6月に公表された観光白書によると、2014年の東京と大阪の客室稼働率は80%を超えた。この水準を上回ると予約が取りがたくなると言われており、2020年の東京五輪開催を控え、宿泊客の受け皿拡大に向け、大幅な規制緩和に踏み切ろうとしているようだ。

というのも、ホテルや旅館は旅館業法で厳しく規制されており、簡単には新規参入できない構図になっているからだ。一部の国家戦略特区では、旅館業法の適用が例外的に除外され、来年1月から規制緩和されるところもあるが、その他は規制が残る立てつけになっている。米欧に比べ、経済的な規制が厳しい傾向にある日本では、Airbnbのようなサービスを展開することは事実上、出来ない環境になっている。

<ライドシェアなど多様なシェアリング>

その意味で、「民泊」解禁は画期的な出来事と言えるが、外国人観光客の急増で足りなくなりそうなのは、宿泊施設に限らない。例えば、タクシーやバスなどの交通アクセスも、かなりの不足が予想される。

そこで注目されるのが、米国などではすでに一般化しているライドシェアサービスだ。使われない時間帯に自分の車を運転し、車が必要な人にサービスを提供するシステムで、需給をマッチングさせるサービスを提供しているUber(ウーバー)[UBER.UL]などが米国では有名だ。

ただ、日本では道路運送法に抵触する疑いが濃厚で、現行の法体系では合法的にサービスを展開することは難しく、ここでも規制緩和が必要になる。

このように、余った資産を活用したい供給側と、サービスを必要とする需要側をインターネット技術などを駆使してマッチングさせるシステムを総括して、シェアリングエコノミーと呼ぶ。

シェアリングエコノミーで先行している米国などでは、提供されるサービスとして、家事代行、食品・日用品配送、料理の宅配、医療・美容、資金の貸借など幅広い範囲に及んでいる。

特にクラウドファンディングと呼ばれる、マネーを対象にした需要と供給のマッチングシステムは、既存の金融ビジネス業にとっても無視できない存在となるほど拡大を続けている。

矢野経済研究所によると、14年度の日本でのシェアリングエコノミーの市場規模は232億円。18年度には462億円に拡大するという。

しかし、世界の市場規模は桁外れだ。総務省によると、13年度の世界の市場規模は150億ドル。25年度には3350億ドルに急成長するとの試算がある。

<潜在成長率引き上げの救世主>

シャエアリングエコノミーに詳しい宮﨑康二氏は、著書「シェアリングエコノミー」(日本経済新聞出版社)の中で、シェアリングエコノミーによって「これまで有効に活用されてこなかった資産の稼働率を高め、社会全体の供給力を高めることができる」と指摘。さらに人や労働力の有効活用にも応用が効き「潜在成長率の引き上げにつながるということができる」と述べている。

このことをわかりやすく説明すると、Aという個人が自動車を購入した場合、購入時に個人消費として国内総生産(GDP)にカウントされる。これまでは、この1回限りで経済効果はなくなった。

だが、ライドシェアサービスやカーシェアリング・サービスを活用してその自動車を有効活用すれば、その部分が新たなサービスとなって付加価値を生み、GDPを押し上げることになる。

この点は、少子高齢化で生産年齢人口が減少し、供給制約の壁にぶつかっている日本にとって、非常に注目するべき点ではないだろうか。

手っ取り早く投入労働量を増やせる移民政策を容認していない安倍晋三政権にとって、シェアリングエコノミーは「救世主」な存在になりうると指摘したい。

<統一的な対応が求められる規制緩和>

しかし、すでに言及したように、各分野には消費者や既存の参入者の保護などを目的に各種の法規制が存在し、今のままではシェアリングエコノミーを拡大することは事実上、出来ない枠組みになっている。

所有するということを基本的な概念として作られている現在の法規制は、貸借を基本概念として構成されているシェアリングエコノミーの枠組みとは、相容れない構造になっているためだ。

例えば、民泊の規制を撤廃しても、既存のホテル、旅館には宿泊税が課せられており、民泊の規模が大きくなった場合、ホテルや旅館から「公正でない」との批判を受ける可能性もある。

また、各種の法規制は、各所管省庁の縦割りで作られており、パッチワーク的な規制緩和の手法を取ると、多方面で収拾のつかない混乱を招くリスクもかなりありそうだ。

そこで、シェアリングエコノミーの拡大を政府が最優先課題に掲げ、その実行に支障となりそうな法規制や税負担の問題を総合的に取り扱う機関を新設し、そこでグランドデザインを描き、工程表を作成し、法改正を一括処理する対応策を提案したい。

この変革を通じて、日本全体が所有からシェアリングの概念にシフトする柔軟性を持てば、各分野で制度疲労を起こし、実質成長率がほぼゼロ%に落ち込んでいる現状を打破するきっかけになると考える。

「民泊」解禁の動きが、その嚆矢(こうし)になることを強く希望したい。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below