July 17, 2018 / 12:11 AM / 3 months ago

ウーバーで性差別疑惑、米当局が調査=関係筋

[16日 ロイター] - 関係筋が明らかにしたところによると、米雇用機会均等委員会(EEOC)は、配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]で給与などで性差別があった可能性があるとし、調査している。

 7月16日、関係筋が明らかにしたところによると、米雇用機会均等委員会(EEOC)は、配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズで給与などで性差別があった可能性があるとし、調査している。写真は同社ロゴ。マドリードで2014年12月撮影(2018年 ロイター/Sergio Perez)

調査は昨年8月に開始。この件を最初に報じたウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙によると、EEOCは、ウーバーの社員や元社員から事情を聞くほか、幹部に資料の提出を求めているという。

WSJによると、採用の実態や給与格差など、性差別に関連した問題について情報収集を行っている。

ウーバーは、セクハラ問題など一連の不祥事を受けてトラビス・カラニック氏が最高経営責任者(CEO)を辞任。昨年8月後任として就任したダラ・コスロシャヒ氏は、企業文化を変えることを確約している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below