for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ウーバー、IPOで約100億ドルの株式売却へ=関係筋

 4月9日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズは、新規株式公開(IPO)で約100億ドル相当の株式を売却することを決定し、11日にIPOの登録届出書を公開する。写真はロンドンで昨年9月撮影(2019年 ロイター/Hannah Mckay)

[9日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズIPO-UBER.Nは、新規株式公開(IPO)で約100億ドル相当の株式を売却することを決定し、11日にIPOの登録届出書を公開する。複数の関係筋が明らかにした。

ウーバーのIPOはテクノロジー業界のIPOとしては過去最大規模の案件の1つで、2014年の中国の電子商取引大手アリババ・グループBABA.NのIPO以来の大きさとなる。

関係筋によると、ウーバーは同業リフトLYFT.Oの株価が先月下旬のIPO後にさえないパフォーマンスとなったことを踏まえ、900億─1000億ドルのバリュエーションを目指しているという。投資銀行は以前、ウーバーに対し同社の評価額は最大1200億ドル相当になる可能性があるとの見方を示していた。

直近の資金調達での評価額は760億ドル。

関係筋によると、ウーバーは投資家向け説明会を4月29日の週に開始し、5月上旬のプライシングとニューヨーク証券取引所への上場を目指す。

ただ、計画は確定しておらず、市場環境によって変更される可能性もあるという。

ウーバーはコメントを控えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up