February 28, 2019 / 5:02 PM / 23 days ago

ウーバーとリフト、一部運転手に株式購入の機会提供へ IPOで=新聞

 2月28日、米ウーバー・テクノロジーズとリフトが勤続年数の長い運転手らに現金賞与を支給し、新規株式公開で株式を購入する機会を提供することを計画していると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。米サンディエゴで昨年5月撮影(2019年 ロイター/LUCY NICHOLSON)

[28日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズとリフトが勤続年数の長い運転手らに現金賞与を支給し、新規株式公開(IPO)で株式を購入する機会を提供することを計画していると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が28日、関係筋の情報として報じた。

同紙によると、勤続年数の長い運転手もしくは輸送回数の多い運転手が対象となり、IPO参加への道を開く。

ウーバーは、同社の抱える300万人のドライバーの「大半」を対象とする計画という。実現すれば、計画に伴うコストは数百万ドルとなる公算が大きい。

リフトは、輸送回数が1万回以上の運転手に1000ドル、2万回以上の運転手に最大1万ドルの賞与をそれぞれ支給する計画。運転手はIPOでこれら賞与を原資とし、公開価格で株式を購入することが可能になる。

リフトはウーバーに先駆けIPOを実施する計画で、3月18日の週にロードショー(投資家向け説明会)を開始する見通し[nL3N20F5YP]。アナリストは、IPOでリフトの企業価値が200億─300億ドルと評価される可能性があると試算。ウーバーの価値は1200億ドル近辺に達する可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below