March 22, 2019 / 1:08 AM / 6 months ago

米ウーバーと米ピンタレスト、上場先はNY証取に=関係筋

 3月21日、年内の上場を計画する米配車大手ウーバー・テクノロジーズと米画像共有サイトのピンタレストはともに、上場先にニューヨーク証券取引所(NYSE)を選んだ。写真はNYSE正面に掲げられたピンタレストとNYSEのロゴ入り横断幕。昨年2月に撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 年内の上場を計画する米配車大手ウーバー・テクノロジーズと米画像共有サイトのピンタレストはともに、上場先にニューヨーク証券取引所(NYSE)を選んだ。事情に詳しい関係筋が明らかにした。

両社とNYSEはコメントを差し控えた。

ここ数年はIT企業の比率が高いナスダック市場よりもNYSEを上場先に選ぶハイテク大手が相次いでいる。ナスダック市場はフェイスブック(FB.O)上場時の大規模システム障害が尾を引いているからだ。両市場は上場誘致で激しい競争を繰り広げている。

ただ、ウーバーの競合社である米リフト(LYFT.O)はナスダックを上場先に選んだ。同社が新規株式公開(IPO)の価格を今月28日に決定する際、企業価値は230億ドルかそれ以上に達する可能性がある。今年のハイテク企業による一連の大型IPOの先陣を切ることになる。

21日に上場を果たした米ジーンズメ-カー、リーバイ・ストラウス(LEVI.N)は公開価格比31%高の初値を付けており、新規上場銘柄への関心の高さを物語っている。

ウーバーの上場先についてはブルームバーグが初めに、ピンタレストの上場先は米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が初めに、それぞれ報じていた。

ウーバーが目指す上場時の企業価値は1200億ドル。ただ、一部のアナリストは同社が開示した一部の財務指標に基づき、1000億ドルに近い価値になると分析している。

一方、ピンタレストは2017年に資金を調達した際、企業価値は120億ドルとの評価を得ている。ロイターはこれまで、同社がIPOで約15億ドルを調達する可能性があると報じている。IPOは今年上期の実施となる公算が大きい。WSJは21日、同社が早ければ22日にIPO申請について公表し、4月中旬までに上場を果たす可能性があると伝えていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below