Reuters logo
ソフトバンクなどがウーバー株の買い付け提案、一部は応じる姿勢
November 29, 2017 / 3:28 AM / 16 days ago

ソフトバンクなどがウーバー株の買い付け提案、一部は応じる姿勢

[サンフランシスコ 28日 ロイター] - ソフトバンクグループ(9984.T)が率いるコンソーシアム(企業連合)は28日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]株の公開買い付けを提案した。

 11月28日、ソフトバンクグループが率いるコンソーシアム(企業連合)は、米配車大手ウーバー・テクノロジーズに対し株式公開買い付けを提案した。写真は都内のソフトバンク本社で昨年6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

ソフトバンクによると、ベンチャーキャピタル(VC)のベンチマークなど、ウーバーに初期から出資している投資家の一部が売却を予定しているという。

ベンチマークはウーバー株の13%(90億ドル相当)を保有。ソフトバンクによると、別の大株主のメンロ・ベンチャーも保有株の一部売却の意向を示している。

関係筋によると、ジェネラル・アトランティックを含む企業連合の初期のメンバーの一部は、価格などに関する懸念から撤退したもよう。

 11月28日、ソフトバンクグループが率いるコンソーシアム(企業連合)は、米配車大手ウーバー・テクノロジーズに対し株式公開買い付けを提案した。写真は都内のウーバーオフィスで27日撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

ソフトバンクの買い付けが成功すれば、取締役の増員などを通じて初期投資家の議決権が縮小、トラビス・カラニック前最高経営責任者(CEO)の影響力が後退し、経営体制の変化につながる。

関係筋は今週、ソフトバンクがウーバーの企業価値を480億ドルと判断し、直近の企業評価額を30%下回る水準での買い付けを提案する見通しだと話していた。

    また、別の関係筋によると、買い付けで少なくとも13.4%を取得できれば、ソフトバンクは評価額685億ドルでウーバーに新たに10億ドル出資する見通し。

    ただ株式の売却に応じる株主が少なければ、買い付けは成立しない。

    *内容を追加しました。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below