February 6, 2018 / 2:11 AM / 8 months ago

米ウーバー、自動運転技術盗用を否定 グーグル系ウェイモと初公判

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)傘下グーグル系のウェイモが自動運転技術の盗用で米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]を提訴した裁判の審理が5日、始まった。ウーバー側は盗用はなかったと主張した。

 2月5日、米アルファベット傘下グーグル系のウェイモが自動運転技術の盗用で米配車大手ウーバー・テクノロジーズを提訴した裁判の審理が、始まった。ウーバー側は盗用はなかったと主張した。写真はウーバーのアプリを表示したスマホ画面とタクシー。昨年9月にロンドンで撮影(2018年 ロイター/Toby Melville)

自動運転開発会社のウェイモは、同社の元エンジニア、アンソニー・レバンドウスキ氏がウーバーに移る前の2015年12月に、自動運転車の設計を含む機密ファイル1万4000点以上をダウンロードしたとして訴えている。同氏はウーバーで自動運転開発部門を率いた。

両社は自動運転車の開発で競合関係にある。

ウーバー側の弁護士はサンフランシスコ連邦地裁での初公判で、陪審員に対し、ウェイモは陰謀説を主張しているが、話の筋が通っていないと強調。機密情報をウーバーが取得し、自社の自動運転技術に反映させたという事実はないと述べた。

ウェイモの弁護士は、競争圧力が余りにも強かったため、当時最高経営責任者(CEO)を務めていたトラビス・カラニック氏は「法順守よりも競争に勝つことが重要」と判断したと主張。

ウェイモは損害の規模を19億ドル程度と見積もっている。ウーバーは賠償責任を否定している。

ウーバーは同訴訟に絡み協力を拒んだとして、17年5月にレバンドウスキ氏を解雇している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below