January 21, 2020 / 7:37 AM / a month ago

UBS、中期の利益率目標を引き下げ 19年通期は減益

[チューリヒ 21日 ロイター] - スイスの金融大手UBSは21日、中期の利益率目標を引き下げた。超低金利や富裕層向け事業の競争激化が背景。

同行は2020─22年の普通株等Tier1(CET1)自己資本利益率(RoCET1)を12─15%、費用対収益比率を75─78%とすることを目指す。2019年はそれぞれ12.4%、80.5%で、ともに目標を下回った。

2019年第4・四半期の純利益は129%増。前年同期は市場の混乱で利益が低迷していた。通期の利益は5%減少した。

同行は、ウェルスマネジメント部門の目標を据え置いた。2020─22年の税引き前利益は10─15%増となる見通し。2019年─21年の従来目標も調整後で10─15%増だった。他の部門の目標は廃止した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below