for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS、従業員間のやりとり保存巡り米当局が調査

 7月26日、スイス金融大手UBSグループは、従業員間のやりとりを適切に文書化しているかについて、米規制当局から調査を受けていると発表した。写真はUBSのロゴ。スイスのサン・モリッツで2017年2月撮影(2022年 ロイター/Stefano Rellandini)

[チューリッヒ 26日 ロイター] - スイス金融大手UBSグループは26日、従業員間のやりとりを適切に文書化しているかについて、米規制当局から調査を受けていると発表した。銀行業界に対する幅広い検査の一環という。

未承認の電子メッセージチャネルで送信された業務上のやりとりが適切に保存されているかについて、米証券取引員会(SEC)と米先物取引委員会(CFTC)がUBSを含む金融機関を調べていると説明した。決算の注記で明らかにした。

SECとCFTCは昨年12月、個人の携帯端末、インスタントメッセンジャー、電子メールによる従業員間の対話の保存について「広範な」問題があったとして、JPモルガン証券に2億ドルの罰金を科した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up