March 5, 2020 / 9:58 AM / in 23 days

UBS、サステナブル投資が増加 エネルギー分野への融資厳格化

3月5日、スイスの金融大手UBSは、同行のサステナブル投資が昨年50%以上増加して5000億ドル近くになったことを明らかにした。写真はUBSのロゴ。チューリヒで2017年1月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[ロンドン 5日 ロイター] - スイスの金融大手UBS(UBSG.S)は、同行のサステナブル投資が昨年50%以上増加して5000億ドル近くになったことを明らかにした。

一方、エネルギー・公益セクターへの銀行融資は、融資基準の厳格化で約40%減少した。

UBSのウェーバー会長は「当社は真にグローバルな資産運用会社として、将来世代も含め、すべての人のために先頭に立って明るい将来を築く責任がある」と表明。

「低炭素経済への秩序ある移行に貢献しながら、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に取り組む顧客から選ばれる金融機関となることを目指す」と述べた。

サステナブル投資の定義は様々だが、UBSは環境・社会・ガバナンス関連のリスクに配慮する投資から、社会に測定可能な好影響を及ぼすことを目指す事業を支援する「インパクト投資」まで様々な投資をコア・サステナブル投資と定義。

昨年末時点の同行のコア・サステナブル投資は4880億ドルで、投資資産全体の13.5%を占めた。前年末の同投資は3219億ドルだった。

昨年のエネルギー・公益セクターへの銀行融資は約40%減の19億ドル。銀行商品グロス・エクスポージャーの合計に占める比率はわずか0.8%で、前年末の1.6%から低下した。

UBSは昨年末以降、同セクターへの融資ガイドラインを強化。未開発地域の新たな一般炭炭鉱事業や、北極圏の海底油田事業、未開発地域のオイルサンド事業への融資を中止している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below