for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS、第4四半期は137%増益 富裕層向け事業が好調

[チューリヒ 26日 ロイター] - スイスの金融大手UBSが26日発表した2020年第4・四半期決算は137%の増益となった。顧客の取引活動が高水準だったことが寄与した。

第4・四半期の純利益は17億0800万ドル。同行がまとめたアナリスト予想の中央値9億6600万ドルを大幅に上回った。

富裕層・超富裕層の間で融資や取引の需要が好調だったことに加え、投資銀行部門の活動も拡大した。通期では54%の増益となった。

同行は取締役会が1株当たり0.37ドルの配当を提案する方針だと表明。今四半期は11億ドル相当の自社株買いを実施する計画。

40億スイスフラン(45億ドル)を上限とする新たな自社株買い(期間3年)も開始する予定。同行は株主還元策として、以前より自社株買いを重視している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up