for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=UEFAがイブラヒモビッチ調査、賭博企業との関連で

 欧州サッカー連盟は26日、イタリア・セリエAのACミランに所属するスウェーデン人FWズラタン・イブラヒモビッチ(右)が賭博関連企業と金銭的に関わっている可能性があるとし、倫理規律検査官に調査を要請したことを発表した。ミラノで21日撮影(2021年 ロイター/Daniele Mascolo)

[26日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)は26日、イタリア・セリエAのACミランに所属するスウェーデン人FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が賭博関連企業と金銭的に関わっている可能性があるとし、倫理規律検査官に調査を要請したことを発表した。

スウェーデンの地元紙アフトンブラーデットは今月、イブラヒモビッチが賭博関連企業ベットハード社の株式の一部を保有していると報じていた。

これが事実の場合、イブラヒモビッチは10万スイスフラン(約1200万円)の罰金処分を受けるほか、サッカー関連活動が最長3年禁止になる可能性がある。

国際サッカー連盟(FIFA)の倫理規定では、選手がサッカー関連の賭博に関わっている組織や企業の経営に参加することが禁止されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up