March 13, 2019 / 9:09 AM / 2 months ago

英国、合意なし離脱の場合の輸入関税引き下げ・国境管理案発表

[ロンドン 13日 ロイター] - 英政府は13日、同国の欧州連合(EU)離脱が合意なき離脱となった場合、様々な商品の輸入関税を引き下げるとともに、アイルランドと北アイルランドの厳格な国境管理を回避すると表明した。

 3月13日、英政府は、同国の欧州連合(EU)離脱が合意なき離脱となった場合、様々な商品の輸入関税を引き下げるとともに、アイルランドと北アイルランドの厳格な国境管理を回避すると表明した。写真はアイルランド国境付近で昨年10月撮影(2019年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

これは一時的な措置という。

英議会は13日、3月29日に合意なき離脱をするかどうか採決する。合意なき離脱案は否決され、14日に離脱延期が承認されるとみられている。

政府が発表した関税計画によると、合意なき離脱となった場合、金額ベースで英国への輸入品の87%に相当する商品が無関税となる。現在は80%が無関税。

EUからの輸入品は82%が無関税となる。現在は100%が無関税。EU以外からの輸入品は92%が無関税となる。現在は56%が無関税。

英国の生産者を保護するための措置も継続する。自動車メーカー、牛肉、ラム肉、豚肉、鶏肉、酪農製品の生産者などが対象となる。

輸入関税の引き下げは消費者にはプラスだが、多くの生産者が輸入品との価格競争に見舞われることになる。

アイルランドの国境管理については、合意なき離脱となった場合、アイルランドから北アイルランドへの商品の輸入について新たな検査や管理を導入しない。この計画は一時的かつ一方向のものという。

長期的な対策については、EU・アイルランド政府と早急に協議を開始するとしている。

アイルランドから北アイルランドへの商品の輸入には、新たな輸入関税制度が適用されない。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below