October 3, 2018 / 1:54 AM / 12 days ago

アングル:英国は離脱交渉で「屈せず」、保守党大会でEU批判

[バーミンガム(英国) 1日 ロイター] - 英与党保守党がバーミンガムで開催中の党大会で1日、英国の欧州連合(EU)離脱交渉を巡り、閣僚らからEUの姿勢を厳しく批判する声が相次いだ。

 10月1日、英与党保守党がバーミンガムで開催中の党大会で、英国の欧州連合(EU)離脱交渉を巡り、閣僚らからEUの姿勢を厳しく批判する声が相次いだ。写真は党大会で語るハモンド財務相(2018年 ロイター/Toby Melville)

オーストリア中部ザルツブルクで20日に開かれたEU非公式首脳会議で、EU側がメイ首相の離脱提案を「冷笑」し、離脱交渉を困難にしたとして英政府は反発を強めている。

党大会で閣僚は口々に、EUが交渉を「尊重」しなければ、英国は合意なしで離脱する覚悟だと訴えた。

メイ首相が7月に公表した離脱方針の「白書」は、EUだけでなく党内からも批判を浴び、EU懐疑派の議員は「離脱とは名ばかりだ」と首相を攻撃した。しかし党大会で閣僚らは党の団結を優先し、怒りをメイ氏ではなくEUに向けるよう議員らに促した。

ラーブEU離脱担当相は党大会で、ザルツブルクのEU非公式首脳会議に触れ「わが国の首相は建設的で敬意ある態度を示してきた。そのお返しがEU指導部からの愚弄であり、交渉に対する極めて一方的な姿勢だ」とEUの対応を批判。「いかなる英政権であれ、英国の利益に反する一方的な合意に署名を迫るといった、経済的禁止措置のような脅しには屈しない」などと述べ、聴衆から拍手喝さいを受けた。

またハント外相は、英国との関係改善に努力しないEUを旧ソ連に例えて批判。EUではこの発言に対して多くの高官から反発の声が挙がった。

一方でハモンド財務相は、合意なしに離脱すれば英国経済は打撃を被ると述べて穏健な姿勢を示した。

ある高官によると、トゥスクEU大統領がSNSで、自身がメイ首相にケーキを差し出す画像に「ケーキはいかがですか。チェリーはありませんが」とコメントをつけ、離脱交渉で「チェリーピッキング(いいとこ取り)」をしようとしている英国を茶化したことが、英国側の怒りに火を点けたようだ。

英政府に近いある筋によると、今ではEU側にもザルツブルクの会合での態度が少し行き過ぎだったと反省する意識があり、水面下では英国との対話が建設的なものになっているという。

(Elizabeth Piper記者 William James記者)

 10月1日、英与党保守党がバーミンガムで開催中の党大会で、英国の欧州連合(EU)離脱交渉を巡り、閣僚らからEUの姿勢を厳しく批判する声が相次いだ。写真は党大会に向かう参加者ら(2018年 ロイター/Toby Melville)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below