May 25, 2018 / 4:43 AM / 5 months ago

英陸軍軍曹が保険金殺人で有罪、妻のダイビング用パラシュート破壊

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国のウィンチェスター刑事法院は24日、妻がスカイダイビングで使うパラシュートを破壊し保険金殺人を企んだとして、英陸軍の軍曹に有罪評決を下した。

エミール・シリアーズ被告(38)は罪を認めていない。

被告の妻であるビクトリアさん(41)は2015年4月、4000フィート(1200メートル)上空の飛行機から落下した際に背骨に重傷を負ったほか、足や鎖骨、肋骨を骨折。耕されたばかりの柔らかい地面に落ちたため、九死に一生を得た。

シリアーズ被告は、妻がスカイダイビングを計画していると知った上で、イングランド南西部ネザーエイボンにある飛行場のトイレの個室でパラシュートを破壊。キャノピー(傘)から伸びる複数のラインはねじれ、部品にも無くなっているものがあったため、傘は開かなかった。

被告はさらに、自宅のガス調理器を操作し、妻が火をつけようとした際に爆発するよう細工をしていたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below