October 12, 2018 / 5:03 PM / 3 days ago

英企業、EU離脱巡る不確実性の解消望む=ラムスデン中銀副総裁

[ロンドン 12日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のラムスデン副総裁は、英国の企業は欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不確実性が解消することを望んでいると述べた。

同副総裁は英北東部に拠点を持つ日産自動車(7201.T)などの企業を訪問。訪問後にノーザン・エコー紙のインタビューに応じた。12日付の同紙に掲載されたインタビューによると、同副総裁は「離脱交渉は一段の計画が必要な重要な局面に差し掛かっている。(合意がないままに離脱する)クリフエッジ型のブレグジットとなった場合に備え、極めて困難な状況への対応を計画しておく必要がある」と述べた。

日産は英国最大の自動車工場を運営。同社は前週、英国がEUと合意を得られないまま離脱すれば、英国の製造業が「深刻な影響」を受けるとの懸念を示した。

ラムスデン副総裁は、日産が示している懸念から、すべての産業で離脱交渉が決着し、不確実性の解消が望まれていると感じると述べた。

その上で、中銀が前年に実施した銀行ストレステスト(健全性審査)はブレグジットが「極めて悪い」状況となった場合のシナリオに基づいて実施されたと指摘。

ただ、中銀の中核的なシナリオは、ブレグジットが円滑に行われ、英経済が毎年1.75%近辺のペースで拡大する想定だとし、「こうした状況で、市場ではあと2─3年は利上げが続くとの見方が出ている。向こう2─3年の間に2─3回の利上げが実施されるとの予想が現在市場で出ている」と述べた。

英中銀は8月に利上げを実施。ロイターが実施したエコノミスト調査では、来年3月29日のEU離脱後まで追加利上げはないとの見方が示されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below